医療費控除とセルフメディケーション税制、あなたならどっち?

天秤、比較

医療費控除の対象は?

医療費控除は、年間の医療費が10万円を超えた場合、超えた分が所得控除の対象となるものです。

10万円なんて超えないよ!と思うかもしれませんが、意外なものも対象として認められます。

 

基本的な考え方としては、

  • 治療のための行為にかかる費用かどうか?
  • 医師や歯科医師などの資格を持った方が、治療や療養に必要と判断したものか?
  • 一般的に支出される水準を著しく超えていないか?

ということを指標にしておけば、対象にできるかどうかのイメージがしやすくなります。

 

病気の予防や美容目的、健康増進目的のものはダメです。

例)人間ドックや健康診断で、重大な病気が発見されなかった場合。健康維持のためのマッサージや針

 

逆に、知らないと対象外にしてしまいそうな主なものとしては、

  • 母体保護法の規定に基づく妊娠中絶費用
  • 不妊治療の費用
  • 人工授精の費用
  • 無痛分娩を選んだ場合の病院費用
  • 治療・通院のための公共交通機関の利用料(記録を残しておきましょう!
  • 入れ歯代
  • 治療のためのインプラント
  • 子供の歯並び矯正
  • レーシック手術
  • オルソケラトロジー治療
  • 重大な病気が発見された場合の人間ドックや健康診断費用
  • 市販薬(風邪薬、鎮痛剤、胃薬など)
  • 医師の指示があり、かつ、国家資格の有資格者による施術費用(整骨院など)
  • 介護サービス・介護関連費用の一部

などがあげられます。レーシックとかは盲点ですよね。

 

「医療費控除の対象になるもの」は、非常に多岐にわたっているので、一覧にまとめることは難しいです。

判断に迷う場合は、国税庁のホームページで確認するか、最寄りの税務署に問い合わせてみてください。

 

国税庁のホームページに「質疑応答事例」というものがあるので、その中に該当するものがないかなぁと探すという分かりにくさですが・・・

グレーゾーンのものは、しっかり領収書はとっておき、税務署に確認しましょう。

 

さて、

ここでお気づきの方もいると思いますが、市販薬(風邪薬、鎮痛剤、胃薬など)は医療費控除の対象経費です。

しかも、スイッチOTC薬という限定条件もありません

 

スイッチOTC薬の領収書をしっかりとっておけば、医療費控除の対象になった場合に、それも申請対象とすることができるのです。

 

医療費控除とセルフメディケーション税制は、どちらかを選択しなければならない、というルールになっているので、「スイッチOTC薬は医療費控除の対象にならないだろう」と誤解されがちですが、そんなことはありません。

 

 

医療費控除とセルフメディケーション税制どっちがおトク?

控除額の計算方法~おさらい~

 医療費控除: かかった医療費-10万円or所得金額✕5%のいずれか低い方 ※最高200万円

 セルフメディケーション税制: スイッチOTC薬の購入費-12,000円 ※最高88,000円

 

つまり、医療費(スイッチOTC薬を含む)の合計額によって、

  1. 10万円未満  → セルフメディケーション税制
  2. 10万円以上 18万8,000円未満  → 両方計算して選択
  3. 18万8,000円以上 → 医療費控除

と異なります。

 

それでは、両方計算して選択する場合のパターン比較をしてみましょう。

 

A.年間の所得が400万円の方が、医療費12万円(うちスイッチOTC薬代が3万円)を支払った場合

医療費控除

 400万円×5%=20万円>10万円 

 12万円-10万円=2万円 が所得控除の対象

セルフメディケーション税制

 3万円-1.2万円=1.8万円 が所得控除の対象  → 医療費控除がおトク

 

B.年間の所得が400万円の方が、医療費12万円(うちスイッチOTC薬代が5万円)を支払った場合

医療費控除

 400万円×5%=20万円>10万円 

 12万円-10万円=2万円 が所得控除の対象

セルフメディケーション税制

 5万円-1.2万円=3.8万円 が所得控除の対象  → セルフメディケーション税制がおトク

 

こんな感じで、両方を比較計算して、よりおトクな方を選択しましょう。

 

国税庁の確定申告書作成コーナーを使って、パソコンで確定申告書を作成する場合、入力画面の最初に「控除額を試算する」というボタンがあります。

この機能を使って比較してもいいですね。

 

夫婦共働きの場合、どのように申告しよう?

普通に考えれば、所得が高い方にまとめて申請するのがおトクなはずですよね。

ただし、医療費控除の場合には、そうとも限らないんです。

 

これもパターン比較でみてみましょう。

 

A.年間の所得が400万円の夫と、250万円の妻の共働き世帯が医療費12万円を支払った場合

夫の医療費控除

 400万円×5%=20万円>10万円 

 12万円-10万円=2万円 が所得控除の対象

妻の医療費控除

 250万円×5%=12.5万円>10万円 

 12万円-10万円=2万円 が所得控除の対象

 

どちらも所得控除の対象額は2万円です。

ただし、所得税率は夫が20%、妻が10%なので、夫の方で申請した方がおトクです。

 

B.年間の所得が400万円の夫と、120万円の妻の共働き世帯が医療費12万円を支払った場合

夫の医療費控除

 400万円×5%=20万円>10万円 

 12万円-10万円=2万円 が所得控除の対象

妻の医療費控除

 120万円×5%=6万円<10万円 

 12万円-6万円=6万円 が所得控除の対象

 

夫が2万円×20%=4,000円の還付、

妻が6万円×10%=6,000円の還付となるので、妻の方で申請した方がおトクです。

 

 

もうお気づきですよね!
ポイントは、所得金額✕5%が10万円を下回るかどうかです。

所得金額が200万円を下回る場合は上記の対象となりますので、該当する場合には、どちらで申請するのがおトクかな?と比較してみてください。

 

所得は源泉徴収票で確認できますよ!

源泉徴収票

医療費で上手に節税するには?

医療費は、自分の努力で発生時期をコントロールできるものではありませんよね!

12月になって、急に大きな出費が発生する可能性もあるわけです。

 

普段から、領収書はしっかり保管しておき、病院に行った時のバス代や電車代を記録しておけば、イザという時にムダなく還付を受けることができます。

 

生計を一にする家族みんなの医療費をまとめることができますので、夫婦でお財布を分けている世帯の方々も、協力してよりおトクな方で申請するのがいいですね。

ただし、還付効果は仲良く共有してください 😀

 

下宿をしているお子様がいる場合も、合算可能ですので、同じように準備しておいてもらうといいでしょう。

 

 

例えば、年末年始の家族が集まるときに、年間の医療費を集計してみて、

  • 医療費控除、セルフメディケーション税制どちらも対象外なら、家族の健康を喜ぶ 😀
  • 対象になるようなら、しっかり確定申告する

なんていうことをやってみると、お子さまの金銭教育につなげることも可能です。

 

実践的なお金の知識は、学校では勉強できません。

税金のしくみやお金を管理することの大切さが身をもって感じられる経験を、社会に出る前のお子様方がしておくことができれば、その後の人生に役立つことでしょう。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

profile
FP-Misaki
はじめまして、FP-Misakiです。

「お金のことを知ることが、最強の投資術。」

どこにでもいる、ふつうの会社員が、「入っていた生命保険が値上がりする」という宣告を受けたことをきっかけに、あれこれ学んでたどり着いた結論です。

よくあるパターンですが、新入社員のころに、保険のおばちゃんのパワーに負けて加入したものなので、正直よく分からない・・・
説明を受けても、信じていいのか不安になるだけ。

おばちゃんに頼るのはコワいから、自分で勉強してやろう!
こうして、血迷った私は FP(ファイナンシャル・プランナー)の勉強をはじめることに。

保険だけでなく、投資 / 節税 / 相続 / 年金 など、どれも知らなきゃ損することばかり。
なのに、とにかく分かりにくい!


なんで、お金の話はこんなに難しく感じるんだろう?
なんで、学校では教えてくれないんだろう?


もっと気軽に、楽しくお金の話をしていきたいな・・・
そんな想いでブログを始めました。

私と一緒に、「お金とともだち」になるための知恵を考えていきませんか?
→詳しいプロフィールはこちら

保有資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / 宅地建物取引士
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)