FP1級実技受検の学習用ツール~2018年2月受検者Presents~

参考書

FP1級学科試験に合格し、「さあ、次は実技だ!」とはりきっている方。

まだ学科試験対策中だけど、実技のことも知っておきたい方。

 

どちらの方々も、実技試験対策として、何が必要なんだろう?ということから押さえておきたいことと思います。

ここでは、私自身の経験談を踏まえて、おすすめの参考書などについて、ご紹介したいと思います。

 

ちなみに、

FP1級実技受検ヘの道のり

を、まだご覧になっていない方は、あわせてお読みくださいね!

 

通信講座や対策講座は受けられる?

FP1級実技に関しては、基本的には独学です。

日本FP協会用の対策講座であれば、LECが実施しています。

【2018年】1級FP技能士 実技試験対策講座【日本FP協会主催 資産設計提案業務試験対策】

 

ですが、きんざい面接対策用の通信講座や対策講座は、ほぼ無いものと思います。

しいて言えば、スピードスタディが、自社の1級学科用対策講座の受講生に対して、1級実技用講座の販売をしています。

DVDとテキストが届く形式の通信講座ですが、実技対策単体での受講が認められているのかは不明です。

(気になる方は、問い合わせをしてみてもいいかもしれません。)

 

 

テキストや参考書は何がベスト?

独学をすることを前提に、1級実技対策に有効なテキストなどをご紹介していきます。

 

FP技能検定 1級実技対策問題集 資産相談業務 第6版

FP技能検定1級実技対策問題集資産相談業務/きんざいファイナンシャル・プランナーズ・センター【1000円以上送料無料】

価格:4,320円
(2018/3/8 18:03時点)
感想(0件)

 

必須のテキストです。

というより、公式なテキストはこれしか存在しません!!

 

2017年6月試験~2015年2月試験まで、過去3年分の設例と、それに対する解説が載っています。

 

実技試験は、その性質上、受験日ごとに設例が変更されます。

そのため、毎年4種類の設例が用意されます。

3年分とはいえ、全部で24種類。

試験は、PART1PART2に分かれていますので、全部で48問が掲載されています。

手に取っていただくと分かりますが、なかなかのボリュームです。

 

ちなみに、この本は、2~3年に1回しか新版が出ていません。

第6版は、2017年12月に出たばかり。

改訂を待っても出てこない可能性が高いので、早めに入手してしまいましょう

 

冊子の構成として、実際の設例に入る前に、試験会場の様子とか、面接官からのアドバイスなどが書かれた「ガイダンス」の項目があります。

まずは、ここを熟読し、試験のイメージをつかみましょう。

次に、とにかく「読みもの」として、設例とQ&Aをひととおり読んでみてください。

ちゃんと対策しないと危険だな・・・ということを実感できるはずです。

 

FPマニュアル2017年度版

FPマニュアル 2017年度版/きんざいファイナンシャル・プランナーズ・センター【2500円以上送料無料】

価格:3,538円
(2018/3/8 18:08時点)
感想(0件)

 

この本は、FP業務を進めるために必要な知識を、お客さまのニーズにあわせて提供するための手引書として、Q&A方式でまとめられているものです。

こちらは、年に1回発行されているのですが、例年8月~10月の発行です。4月の税制改正を取り入れて冊子にまとめようとしたら、発行が遅めになりますよね・・・

 

ということで、6月試験を受験する場合には、新刊を待っていても仕方がありません。

対策問題集を読んでみて、「他のテキストはなくても大丈夫!」と自信を持って言える方以外は、早めに入手しておくといいでしょう。

 

FPマニュアルの本編は、

 Ⅰ.金融資産運用

 Ⅱ.相続・贈与と資産承継

 Ⅲ.保険と年金の活用

 Ⅳ.事業承継

 Ⅴ.不動産

 Ⅵ.事業と経営

の6章で構成されています。

 

問題集を1周読み終わった方なら納得いただけると思いますが、

  Ⅳ.事業承継 → Ⅵ.事業と経営 → 

  Ⅱ.相続・贈与と資産承継 →Ⅴ.不動産

の順で読んでいただければいいでしょう。

または、問題集を読みながら、もう少しふかぼりしたいという時に、似たような項目を探して拾い読みしていくという使い方もおすすめです。

 

ちなみに、「1級実技試験対策」という観点からは

 Ⅲ.保険と年金の活用

は、読破する必要はありません。

 

また、

 Ⅰ.金融資産運用

は、気になる項目があれば、拾い読みする程度で構いません。

 

とはいえ、わりと実践的なので、余力があればひと通り読んでおくと面白いです。

実技試験のためにというだけではなく、FPとして読んでおいてもいい本だと思います。

 

実践 資産承継の勘所

実践資産承継の勘所 顧客の資産タイプ別アプローチ法 [ 金井義家 ]

価格:1,944円
(2018/3/8 18:13時点)
感想(0件)

 

私としては、非常におすすめの1冊です。

問題集を読み、FPマニュアルを読んで勉強を進めていくと、だんだん「何を答えればいいのか?」が分からなくなってきます

 

なぜなら、答えはひとつではないからです。

 

正直なところ、設例で与えられる情報だけでは、本当に何が適しているのか、判断がつかないことが多いです。

そうすると、何が求められているのか、よく分からなくなって混乱してきます。

 

この本では、資産家をタイプ別に分けて、そのタイプごとにアプローチ法を紹介しています。

そのため、この本を読むことで、点だらけだった知識がつながり設例の資産家のタイプを見て、どういうアドバイスをすればいいのかが、整理できるようになりました。

 

それまでもやもやしていた問題について、なぜこのアドバイスになるのか?

自分の中で腑に落ちた感じがありました。

 

ちなみに、私がこの本にたどりついたのは、試験日の1週間前でした。もっと早くに出会いたかった 😥

ギリギリのタイミングで新しい本に手を出すべきか? と迷いましたが、読んでおいて本当によかったです。

気になる方は、お早めに読んでみてください。

 

 

月刊誌 KINZAI ファイナンシャル・プラン

これは、余力があれば日常生活に取り入れていただきたいものとして、ご紹介します。

きんざいが発行している月刊誌ですので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

 

法改正の情報など、最新の情報が盛り込まれていますので、出題範囲が読めない実技試験の対策には役立つはずです。

 

 

実は、2018年2月試験では、「家族信託」に関する問題が2回出題されています。

問題集には全く出てきませんし、多くの受験生にとってはノーマークの内容だったと思います。

ですが、KINZAIファイナンシャル・プランの2017年8月号で、家族信託の特集が組まれていたんです。

 

つまり、

入手していて、ちゃんと読んでいた人は、それなりの対応ができたはずです。

 

こういう、想定外の出題範囲に対応できる力をつけるという意味では、読んでおくとよい雑誌です。

 

FP2級を既に持っている方であれば、きんざいのFP技能士会員になることで、毎月はじめに送られてくるようになります。

会員になると、このほかに会員証やガイドブック類がもらえます。

年会費は 10,368円(なんか中途半端な額ですね・・・)

 

入会すると、会員専用のサイトにログインできるようになります。

月刊誌のバックナンバーもサイトから見られます。

 

FPの知識を深めていきたいという方は、この際会員になってしまうのもひとつの方法でしょう。

 

もちろん、雑誌だけを購入することもできます。

KINZAIファイナンシャル・プランの定期購読だけだと、年額6,480円です。

バックナンバーを単品で買うこともでき、545円くらいで販売されています。

ただし、取り扱っている書店は限られているようです。私は紀伊国屋書店では見かけたことがありますが、大きな店舗に限られます。

 

ちなみに、きんざいでも、個別に問い合わせをすれば単品で販売してくれます。
お問い合わせフォームから、直接ご相談ください!

 

単品で購入する場合のおすすめ情報として、例年2月号には「税制改正特集」が組まれています。

2018年2月号を入手しておくと、直近の税制改正情報がまとまっているので、なにかと便利です。

 

 

気が付けば、きんざいの書籍ばかりご紹介していますね。

決して、きんざいの回し者ではないのですが、結果としてこういうことになってしまいました。

やはり、試験実施母体が出している本は強いということでしょう。

 

 

勉強会を活用しよう!

1級実技対策に絞り込んでしまうと、なかなか勉強法が見つかりませんし、どうしても孤独との戦いになってしまいます。

ですが、実技試験への合格を目指す方にとっても役立つ、おすすめの勉強会があります。

FP技能士1級合格勉強会

私自身も、ご縁があって時々こちらの運営スタッフさんが主催するFP勉強会に参加しています。

基本的には1級学科対策の要素が強いのですが、最近、メールマガジンで1級問題の通信添削が始まりました

 

単なる〇✕式ではなくて、なぜその答えが導かれるのか? を一緒に考える仕組みとなっていますので、実技受検者にとっても非常に有益だと思います。

 

残念ながら、私の試験が終わった後に、このサービスが始まりましたので、私自身の実技試験対策としては利用できませんでした。。。でも、もし始まっていたら、間違いなく利用していたと思います!

ボランティアベースの、アットホームな勉強会ですので、いい意味で気楽に参加できます

孤独になりがちな学習の中で、反応が帰ってくるということはとってもありがたく、続けるモチベーションにもつながります 😉 

 

おわりに

まずは、使える参考書や勉強会などについてご紹介してみましたが、使えそうな情報はありましたでしょうか?

最初のうちは、どうしても手探りになってしまうと思います。

絶対に必要な実技対策問題集は早めに入手し、目を通してみてください。

 

具体的な勉強方法については、次の記事

FP1級実技 2つの得点源

をご覧くださいね。

 

参考書

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です