分散投資でリスクを下げよう-預金が安全とは限らない!

集中と分散の分かれ目

「家計の金融行動に関する世論調査」(2017年)によると、40代の平均貯蓄額(金融資産額)は643万円、また、中央値と呼ばれる、多い順から並べたときに真ん中に来る額は220万円です。

これはあくまでも平均値ですし、貯蓄ゼロの世帯が、なんと33.7%も含まれています。

ここから、あまり意識をせずに過ごしていると、貯蓄できない状況にあることが見えてきますね。

 

年収や家族構成によって異なりますので一概には言えませんが、子どもが大学生になるころに来る教育費のピークや、老後の生活資金に備えるために、それなりに意識を高めて貯蓄をしているかどうかが大きな分岐点になってくると言えるでしょう。

 

現時点で、将来への備えに不足しているなぁと感じる方は、まずは支出の見直しからステップアップしていきましょう!

 

支出の見直しをはじめるには、こちらから順にご覧ください。

 

一方、すでにしっかり家計のことを考えている人ほど、預金に励んでいると思います。

将来にそなえたストックを持つことは大事なのですが、実は、ストックの持ち方によって、さまざまなリスクを抱えていることには気が付いていない方が多いです。

リスクのタイプを正しく理解し、そのうえで上手にストックを整理することができれば、長い目で見たときに、使えるお金の価値を高めることが可能となるのです。

 

卵は一つのカゴに盛るな

Don’t put all your eggs in one basket(すべての卵を一つのカゴに盛るな)

これは、欧米で古くから言われている格言で、投資の世界では「資産運用の王道」と言われています。

 

割れやすい卵を1つのカゴに盛っておいたら、カゴを落とせば全部割れてしまう可能性が高いですよね。卵のうちに全部割れてしまったら、何も残りません。

 

でも、いくつかのカゴに盛っていたら、仮に1つを落としてしまったとしても、他のカゴからは、ヒヨコが生まれ、そのヒヨコがニワトリになってまた卵を産む

 

投資をする場合にも、リスクのタイプが違う投資商品に分けておけば、値下がりや値上がりのタイミングも違いますので、リスクを分散できますよ! ということを伝えるための格言です。

このように、リスクのタイプが違う資産に分散することを、分散投資と呼んでいます。

 

投資と投機の違いとは?

おそらく多くの方は、この2つが頭の中でごちゃ混ぜになっていることと思います。

そのため、投資=怖いものという意識が根強くあります。

 

投資と投機の意味は、

  • 投資=長期的な利益や配当の成長を期待して、資金を投じること
  • 投機=機会に乗じて短期的な値幅を狙って資金を投じること

とまとめることができます。

 

例えば、個別株の売買で言うとデイトレードスイングトレード、そのほかに、FXビットコインなども「投機」に当たりますね。

短期的な利益を狙いますので、相場を読んで、安い時に買い、高い時に売るということを繰り返す必要があります。

 

でも、残念ながら、将来の相場がどうなるかは誰にも分かりません。

過去の傾向や会社の経営状況などから、ある程度の予測ができるとはいえ、やはりギャンブル的な要素が強いです。

 

もちろん、投機的な方法が全て悪いというわけではありません。

それでしっかり利益を出している人も(限られてはきますが)いらっしゃいます。

 

でも、安定的な生活をしていくための資金作りには、「投機」が向かないということはお分かりいただけると思います。

 

長期的な視点に立つ「投資」の場合には、会社などが将来的に生産力を増加させるために資金が使われます。

そのため、未来の成長を助けるために、私たちのお金を貸し出すという意味合いがあります。

 

預金も、広い意味では投資の仲間です。

銀行に預けたお金は、そのまま銀行に眠っているわけではありません。

銀行は、多くの人から集めた預金を、会社などへ「融資」として貸し出しています。

 

融資したお金は、利息が付いて銀行へ戻ってきますので、そのうちの一部がお金を預けた(=お金を利用させてくれた)私たちに帰ってくる。

だから、お金を預けておくと、保管料が取られることもなく、むしろ利息が付くという仕組みなのです。

このように、投資の場合には、自分のお金を貸し出して、社会の成長を促し、その結果として増えた収益の一部をバックしてもらうという循環になっているわけですね。

 

日本人は集中投資がお好き?

実は、私たちは特に意識することなく「集中投資」をしています。

金融庁が作成した、家計金融資産構成比の日米比較をご覧ください。

資産配分日米比較

アメリカと比較すると、日本人の金融資産は、預金・現金に大きく偏っているのが分かりますね。

次に多いのが年金・保険なのですが、保険の多くは国内債券で運用されています。

年金の運用方法は、少し比率が見直されたものの、国内債券が35%を占めています。

 

つまり、日本円という1つのカゴに、資産のほとんどを盛っているということが分かります。まさに集中投資ですね 😉 

 

でも、多くの方は、意識して1つのカゴに盛っているわけではないはずです。

預金しておくのが当たり前だと思っているから、その通りにしているだけなのではないでしょうか?

 

意識をして、1つのカゴに盛っているのなら構いません。

実際、経済成長をしていて、定期預金の利率が6%もあった時代なら、集中投資の状態になっていても、結果としてよかったのです。

 

でも、今は状況が変わっていることは、誰もが感じていることですよね 😉

それなら、なんとなく今まで通りに、みんなと同じようにではなく、一度リスク分散について考えてみることが大事です。

考えたうえで、今まで通りを選択するなら、それは1つの考え方です!

 

リスクの種類を見ておこう

それでは、私たちが抱えているリスクには、どのようなものがあるのでしょうか?

ここでは、代表的なものを見ていきたいと思います。

 

価格変動のリスク

投資というと、真っ先に思い描くのがこのリスクだと思います。

個別株式を買ったのはいいけれど、暴落して価値が下がってしまう・・・これがギャンブル的だと考えられやすい理由ですね。

逆に言えば、価格が上がったり下がったりするから、大きく増えることもあるわけです。

 

つまり、価格変動のリスクとリターンは表裏一体の関係性にあります。

 

ちなみに、投資の世界での「リスク」とは、振れ幅のことを意味します。

  • 価格の変動が小さければ、リスクは低い
  • 価格の変動が大きければ、リスクは高い

一般的には、高いリターンを求めようとすれば、リスクも高くなります。

ですが、リスクの異なる資産を上手に組み合わせることで、リスクとリターンの振れ幅をゆるやかにすることも可能なのです。

 

デフォルトリスク(債務不履行リスク)

お金を預けている銀行や証券会社、株式を買っている会社がつぶれてしまったら、預けているお金そのものが返ってこなくなるというリスクのことです。

預金や保険の場合には、銀行や保険会社がつぶれた場合にも、一定額の元本が保証される仕組み(=預金保険など)がありますので、帰ってこなくなるリスクは低いですが、株式の場合には会社が倒産してしまえば紙くずになってしまう可能性もあります。

個別株を買ってしまえば、紙くずになる可能性がありますが、国内株式に広く投資するインデックスファンドの投資信託を利用すれば、なくなってしまうリスクを抑えることが可能です。

 

インフレリスク

まずは、インフレとは何か? という点をおさらいしておきましょう。

インフレとは、物価が上昇することを指します。

インフレ率が年2%だった場合、今年10,000円で買えたものは、来年は10,200円出さないと買えなくなります 😯 

 

このパターンの場合、10,000円を年2%で運用して、10,200円にすることができていたらプラスマイナス0円。2%以下でしか運用できていなければ、実質はマイナスになります。

 

さて、今の日本の円預金の金利は、定期預金でも0.01%が一般的ですね。

預金だけで持っておいたら、見かけ上の金額は減らなくても、お金の価値を見ると目減りしていく可能性にお気づきいただけましたでしょうか?

 

一見分かりにくいので、現状では預金だけで資産を持っていると実は損をしていることに、多くの人が気が付かないままでいるのです。

ちなみに、ATMからお金をおろすときに手数料を支払っていたら、確実に元本割れです 😥 

 

為替リスク(円安リスク)

日本で暮らしていて、円で買い物をしている分には、円安だろうか円高だろうがあまり関係ないと思いがちです。

ですが、円安になると、海外から輸入をするためには、たくさん円が出て行ってしまいます。つまり、輸入品の物価があがります

輸入が多い日本ですから、当然全体の物価にも影響が出てきて、物価上昇につながります。

物価が上がれば、一般的にはインフレを生むのでしたよね。

 

日本円しか持っていなければ、価値が下がって物価が上がるというリスクを受けるだけになりますが、一部の資産を外貨(外国債券)で持っていれば、円の価値が下がったときには、逆に外貨の価値があがっていきますので、目減りした分を補ってくれます。

 

金融資産のリスク分散

今まで説明してきたリスクを踏まえつつ、金融資産とリスクの関係を図式化してみましょう。

リスク分散

 

マネーライフプランニングさんのサイトに記載されていた図が非常に分かりやすいので、そちらを参考にさせていただきました。

 

日本人の多くは、右下のデフレ・円高」に強い資産に集中投資をしている状態なのが分かりますね。

 

でも、世の中の流れはどうでしょうか?

円安に向かう傾向で、インフレ率2%が政策として掲げられています。

完全に、真逆の方向に向かっているのが感じられます。

 

これを見ていただくと、円預金だけにかたよったままにしておくことのリスクもあることが感じられたと思います。

リスクを分散するためには、国内株式や国外へも投資をした方がよさそうな気がしますよね 😉 

 

投資信託を利用すれば、外国株式外国債券にも、簡単に投資をすることが可能です。

外国に投資をしちゃったら、会社や社会を応援するという社会的意義はどうなっちゃうの? と思われるでしょうが、増やしたお金をしっかり国内で使っていけばいいのです!

そうすることで、日本の景気アップに貢献することもできるかもしれません。

 

まとめ

既にしっかり資産を積み上げてきている方は、お金に対する基本的な考え方がしっかりしています。

そのため、ものごとの見方を知れば、今までの常識にとらわれない資産配分ができるようになるはずです。

 

細かい資産配分(アセットアロケーション)の考え方は、こちらにまとめてありますので、ぜひご覧ください。

 

もちろん、投資は自己責任。

最終的に決めるのは、皆さまご自身です。

今は、少し調べれば情報は手に入ります。参考にしながら、いちど手元資産の状況を振り返ってみてはいかがでしょうか?

 

でも、自分で資産配分を決めるのは難しい・・・という方もいらっしゃるでしょう。

資産の状況は人によって異なりますし、将来的なお仕事の見通しや相続の有無なども踏まえて、ライフプランを作ってから考えた方が、より安定した資産形成ができると思います。

 

金融機関に所属していない、独立してアドバイスを行っているファイナンシャルプランナーを探して相談してみると、相談料を払ったとしても、自分だけで考えるより有益な資産配分を見つけ出すことにつながるかもしれませんよ!

profile
FP-Misaki
はじめまして、FP-Misakiです。

「お金のことを知ることが、最強の投資術。」

どこにでもいる、ふつうの会社員が、「入っていた生命保険が値上がりする」という宣告を受けたことをきっかけに、あれこれ学んでたどり着いた結論です。

よくあるパターンですが、新入社員のころに、保険のおばちゃんのパワーに負けて加入したものなので、正直よく分からない・・・
説明を受けても、信じていいのか不安になるだけ。

おばちゃんに頼るのはコワいから、自分で勉強してやろう!
こうして、血迷った私は FP(ファイナンシャル・プランナー)の勉強をはじめることに。

保険だけでなく、投資 / 節税 / 相続 / 年金 など、どれも知らなきゃ損することばかり。
なのに、とにかく分かりにくい!


なんで、お金の話はこんなに難しく感じるんだろう?
なんで、学校では教えてくれないんだろう?


もっと気軽に、楽しくお金の話をしていきたいな・・・
そんな想いでブログを始めました。

私と一緒に、「お金とともだち」になるための知恵を考えていきませんか?
→詳しいプロフィールはこちら

保有資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / 宅地建物取引士
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です