FP2級を取るメリットは?-あなたの人生が変わるかも

6分野

家計管理の仕方が分からない、支出をどうやって抑えたらいいか、どんな保険に入るべきか、老後の年金が減るって聞くから将来が不安・・・などなど、お金にまつわる悩みを持っていない方はいないでしょう。

 

その悩み、どうやって解決していますか?

家族や身近な人に聞くこともできないし、調べてみようにも何を調べたらいいか分からない。
保険ショップや銀行で薦められたから、それでいいのかなぁ。

そんな感じで、すっきりしないまま決めていることって、たくさんあると思います。

 

実生活に役立つ「お金にまつわる知識」は、残念ながら学校で教わることができません。

それなら、自分で勉強してみませんか?

 

FP(ファイナンシャル・プランナー)2級の資格を取るために学ぶことは、実生活に役立つことばかりです。

  • 就職にを有利にするため
  • 仕事に役立てるため

そういう目的で資格を取るのももちろんですが、自分の生活を豊かにするために学んでみるのはいかがでしょうか?

 

人的資本を高める効果も抜群ですよ 😉 

 

私が、FP2級を取ろうと思ったきっかけ

私は、2016年9月ごろから勉強を始めて、2017年1月にFP2級を受験しました。

とある会社で経理事務をしている私が、仕事上では特に必要がないFP2級の資格取得に至ったきっかけをお話しします。

 

突然、保険会社から「保険料があがります」という連絡がやってきたのが始まりです。

今はないでしょうけれど、以前は職場に生保レディーが自由に出入りすることができ、かなりのパワーで勧誘が行われていました。

最初はかわし続けたものの、あまりの押しの強さ 🙁 と、「社会人なら保険くらい入っとかなきゃいけないのかなぁ」という漠然とした理由で、加入をしていたものでした。

その後、おかげさまで健康に過ごすことができていたので、何にも使うことなく過ごしてきていました。

 

保険料も給与から天引きされているので、あまりしっかり把握していない・・・という、はっきり言って自分ではよく分かっていない状態だったのです。

 

その当時、私が入っていたのが、「更新型」のタイプのもので、10年とか15年とか決まった更新時期があり、その時の年齢で保険料が再計算されるものだったのです。

このまま更新すると保険料がぐんと跳ね上がる。
契約した当時とは、違った保険も出てきているから、単純に更新するのではなく、別の保険に「転換」した方がいいと言われました。

 

今は分かった状態で整理して書いていますけど、当時の私の頭の中は、断片的な単語しか入ってこなくて、?マークでいっぱいでした。

よく分からないから調べてみよう! と思いたったものの、調べ方が分からない 😯 

何をキーワードにして、どういう比較をしていけばいいのかという、調べるための基礎知識が圧倒的に不足していたのです。

 

勇気を出して、保険の窓口にでも行ってみるか?
でも、またよく分からない商品を売りつけられたらどうしよう・・・

そんな感じで、完全に手詰まりになってしまっていました。

 

どこからどうしてつながったのかは、まったく覚えていませんが、やみくもに調べていた時に引っかかってきたのが、FP資格取得に関するサイトでした。

 

FPなんて単語くらいしか知らなかったのですが、どうやら保険についても学ぶらしい・・・ということで、

「だったら自分で勉強すればいいじゃん!」

と考え、FP2級の受験勉強を始めたのでした。

 

FP2級で学ぶこと

FPの学習範囲は、6つの分野に分けられています。

1.ライフプランニング

社会保険や公的年金、資金計画などについて学びます。

2.リスク管理

生命保険、損害保険、医療保険、リスクマネジメントなどについて学びます。

3.金融資産運用

預金、債券、株式、投資信託、外貨建て金融商品などについて学びます。

4.タックスプランニング

所得税、住民税、法人税、消費税などについて学びます。

5.不動産

不動産の調査・取引、関連法令などについて学びます。

6.相続・事業承継

相続税、贈与税、財産の評価、事業承継対策などについて学びます。

 

どうでしょう?

ものすごく幅が広いと思いませんか。

 

例えば、その場の相続税対策としてやったことが、受け継いだ後の不動産売却の際には不利になる・・・など、ある1つの側面からだけで見てしまうと、総合的にはソンをする場合があります。

お金にまつわる知識を幅広く学ぶことによって、横のつながりを意識しながら、自分や周りの人にとって最もいい方法は何か? を考えることができるようになるのが、最大のメリットだと言えます。

FPは、税理士などの「士業」ではないので、具体的な税務相談とかはできません。

ですが、お金についてのトータルコーディネートができるので、家計のホームドクターという表現をしておくと、その位置づけがイメージしやすいかと思います。

 

FP2級を取って、変わったこと

勉強を始める前に、FPの学習範囲の広さを全く理解していなかった私は、一応会社で経理をやっているし、ある程度は分かるんじゃないの? とタカをくくっていました。

ですが、この謎の自信は、バッキバキにへし折られました 😥

 

テキストを読んでいても、知らない言葉のオンパレード。

なんなら、漢字の読み方から怪しいものもたくさんありました。

 

とんでもないものに手を出したかなという気持ちと、どんだけ無知だったんだろうという反省と、いろんな気持ちが入り乱れながらテキストを読んでいたものでした。

 

ですが、しばらくがんばって勉強し続けると、ものの見え方が変わってきたことに気づきます。

経済に関するニュース、法律や制度改正に関するニュース、これらの持つ意味や影響範囲などが理解できるようになってきたのです。

 

保険の話しの時に実感したとおり、知らなさすぎると正しく調べることもできません。

でも、FP2級の勉強を始めて、ある程度インプットが進んだ後は、ニュースや情報の収集力と、調べる力を身に付けることができたのです。

これが、最初に実感した変化でした。

 

学んだことを実践すれば、コスパ最強

FP2級は、独学でも十分に合格することができます。

さらに、資格取得後の維持コストもかかりません。

独学なら、資格を取るためにかかる費用は、受検料+テキスト代だけです。

 

ですが、FP2級の勉強をして、お金に対する感覚が変わったり、得られた知識を活用したことにより、

  • 保険代は、年40,000円削減
  • 通信費は、年72,000円削減
  • 電気代は、年15,000円削減
  • ポイント活用で、年50,000円相当のプラス
  • ふるさと納税の活用で、食費(特に外食)削減
  • iDeCoの活用などで、約50,000円の節税

などなど、劇的に家計の構造が改善できました。

 

もちろん、iDeCoつみたてNISAで投資している分も、順調に育っています。

ここにあげた効果って、1年限りではなく、未来に渡ってずーっと続くんですよね。

何も手を打っていなければ、どれだけソンをしていたのだろう・・・と、いまさらながらゾッとします。

 

多くのご家庭の家計にも、こういう見直しポイントが潜んでるはずです。

それを自力で発見し、改善していくことができるようになる。

こんなにコスパがいい資格って、なかなかないと思います。

 

ある意味、人生の必修科目と言ってもいいのかなと思います。

 

勉強する時間を確保するのは大変ですし、最初はきついかもしれません。

別に「資格」を取らなくても、テキストだけ買って読んでおけばいいのかもしれません。

 

でも、人間って弱いもので、何か目標とか期限がないと、なかなか勉強しないんですよね。

そういう後押しの効果として、「資格を取る」っていう目標を置いちゃうのも1つではないでしょうか。

 

ただし、資格は手段でしかありません。

せっかく勉強したら、その知識をフル活用して実践してください。

実践しなければ、「がんばって勉強したなぁ」という思い出作りで終わってしまうので、もったいないですよ!

 

おわりに

お金にまつわる知識は、早いうちに身に付けておくほど、効果は大きくなります。

正直、私ももっと早いうちに勉強していれば・・・と思います。

 

そんなこともあり、ぜひ、大学生の皆さまには、勉強することをおススメしたいです。

社会人になってから、集中して勉強をする時間を作るのは大変ですし、自分の仕事にあわせて、その時に学ばなければいけないことがたくさん出てきてしまうでしょう。

 

大学生の間は、たくさん時間があるはずです。

その時間を使って、先取り学習をしておけば、若いうちから家計の最適化ができますので、いいことだらけです。

 

関連記事:大学に行く意味について、考えてみよう!

 

 

既に社会人になっていて、忙しくて自分で勉強するのはかったるい・・・という方は、プロのFPにまかせてしまうのもいいでしょう。

その際には、独立系の相談料(フィー)で生計を立てているFPのうち、考え方がご自身にあっている人を選ぶのが重要です。

そういう意味では、せめてFPの種類とタイプの違いについては知っておくといいでしょう。

 

AFPってなあに? と言う方は、こちらもどうぞ!

profile
FP-Misaki
はじめまして、FP-Misakiです。

「お金のことを知ることが、最強の投資術。」

どこにでもいる、ふつうの会社員が、「入っていた生命保険が値上がりする」という宣告を受けたことをきっかけに、あれこれ学んでたどり着いた結論です。

よくあるパターンですが、新入社員のころに、保険のおばちゃんのパワーに負けて加入したものなので、正直よく分からない・・・
説明を受けても、信じていいのか不安になるだけ。

おばちゃんに頼るのはコワいから、自分で勉強してやろう!
こうして、血迷った私は FP(ファイナンシャル・プランナー)の勉強をはじめることに。

保険だけでなく、投資 / 節税 / 相続 / 年金 など、どれも知らなきゃ損することばかり。
なのに、とにかく分かりにくい!


なんで、お金の話はこんなに難しく感じるんだろう?
なんで、学校では教えてくれないんだろう?


もっと気軽に、楽しくお金の話をしていきたいな・・・
そんな想いでブログを始めました。

私と一緒に、「お金とともだち」になるための知恵を考えていきませんか?
→詳しいプロフィールはこちら

保有資格:1級ファイナンシャル・プランニング技能士 / 宅地建物取引士
コメント一覧
  1. FP-MASH

    こんにちは。
    実は僕も2017年1月の試験で2級に合格しました。2016年6月末に早期退職してFPになろうと思ったのですが、3級を飛ばすには日本FP協会の資格が必要とあり、「金を掛けるのもアホらしいわい」と思い9月の3級から独学で勉強しました。

    大学受験以来久し振りに毎日勉強しました。とにかく暗記が多かったのですが、3級試験は最初の1ヶ月でテキストを見ながら、なぜそうなっているのかをWEBで調べることでそもそも論を確認しました。9月の試験で3級に合格して1月の2級試験を受けたのですが、「こんな暗記だらけの試験2度と受けたくない」と思って真剣に勉強して一発合格できました。

    FPの仕事はあまりしていませんが、自分の将来をチェックしたり、友達や元部下のライフプランシートを作ってアドバイスしたりしました。この資格は日常のお金にまつわることで役に立ちますね。元々、試験後も使えるような参考書を選んだので、今でも何かあれば参考書を見て、最新情報をWEBでチェックするということを続けています。

    2018/05/14(月) 20:57:11
  2. FP-MASH 様
    コメントをいただきまして、ありがとうございました。
    こうしてコメントをいただけると、大変励みになります。

    FP2級に合格するためには、覚えなければいけない数字や特例が多いですし、途中で投げ出したくなることも多かったです。でも、続けて勉強して、本当によかったと思っています。

    MASH様も、3級受検から最短のペースで合格されたようですので、相当努力をして合格されたことと思います。
    自分や身近な方のためのライフプランが組める力があれば、生活を豊かにすることができますので、非常にコスパの高い資格だと考えています。

    今まで出会ったFPやFP勉強中の方と話をしていると、「もっと早く勉強しておけばよかった」という声をよく聞きます。
    せっかく学んだことを生かすため、少しでも多くの方にお金の知識を伝えたく、このブログを書いています。

    日本では、お金のホームドクターとしてのFPは、なかなか普及していない現状がありますよね。
    金融商品の販売手数料ではなく、「顧客本位で、相談料で稼げるFP」が増えることを願ってやみません。

    どういう形であれ、せっかく取ったFPの資格を有効活用できるように、お互いに今後も最新情報をチェックしていきましょう!

    よろしければ、今後もブログをご覧くださいませ。

    2018/05/14(月) 22:38:41
コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です